はなまる天使の体験記

現役看護師の日常

続々 危機脱出

前回のおさらい↓

 

hanamarutensi.hateblo.jp

 

次の日の朝、Yちゃんに起こされて起床

 
取り敢えず1人5000円ずつ用意し
服に着替えていると
仲居さんが広間で朝食をたべなさいと
言ってくれた
 
もうめっちゃお腹すいてたので
たくさん食した
やはり、美味しいw
 
すると、あの神様 じゃない
おじ様が
 
「おはよう。よく眠れたかな?
 僕はこれから大阪支社へ向かうけど
 君たちは花博へ行くんだよね?
 会社の近くだから案内してあげるよ」
 
と、言ってくれた。
すごくうれしかった。
当時は携帯もないし、どうやって目的地まで
行けばいいのかさっぱりわからなかったからだ
 
私とCはYちゃんに任せていれば間違いないと
思っていたのですべてYちゃん任せだったし、
Yちゃんもそれでよしとしていたと思う
几帳面で完璧主義のYちゃんだから
想定外のことが次々起こるこの旅は
きっと神経をすり減らしたことだろう
 
部屋に戻り、出発の準備をし
お会計をするためにロビー?の様なところへ行った
鍵もないし、なんと言っていいのかわからず
もじもじしていると
「女将さんのお知り合いの方ですよね?」
と、声をかけられた
 
「えっとー」
 
言葉に詰まる
知り合いではない
正確には女将さんの甥っ子の後輩である
しかも、先輩と話したこともない
ただみんなで憧れていただけ
 
私たちの方は先輩を知っているが
先輩はきっと私たちを知らない
 
それなのに、こんな沢山の親切をしていただき
本当に感謝である
 
そんなことをボーッと考えていると
 
「お一人様1000円になります」
 
「え?いいんですか?」
 
「はい。十分でございます 
 次回またお越しくださいませ」
 
と、言ってくれた
 
正直ほっとした
 
当時はまったくわからなかったが
今考えると一人1000円なんて
あんな立派な旅館の売り上げからしたら
たいした金額ではないと思う
取ろうが取るまいが大したことはない
なのに、なぜ1000円と言ってくれたのか
ちゃんとお客様として扱ってくれたのだ
最高のおもてなしだった
普通なら断るだろう
なにしろ小汚ない小娘の急な宿泊
大迷惑である
 
なのに、一度も嫌な顔をしなかった
 
ちゃんと料金を払ったことで
私たちは必要以上にお礼を言うこともなかったし
その後の旅行も全力で楽しめた
 
うまく言えないがそういうことなのである
気を使わせないための気遣い
本当に感謝である
奥が深いおもてなし
 
その後、おじ様と合流し
おじ様は駅で大阪までの切符の交渉をしてくれた
昨日のことを話すと、
切符を発行し直してくれたのだ
なんと言うラッキー
 
当初の予定通りの金額で大阪までこれた
 
大阪駅でおじ様は
「僕はこっちから行くからね
 ここからは、大丈夫かな?
 楽しんでね花博」
と、言って手を振って颯爽と去っていった
かっこ良すぎる
私がダンディー好きになったのは
きっとこの事がきっかけである
 
後でお礼しなきゃと思っていたが
名前を聞き忘れた
 
あー失敗したわー
 
と、私とC。
 
 
しかし、Yちゃんがしっかり名刺をもらっていた
 
さすがである
 
いつのまに
ほんとに抜かりない
 
 
 
名刺を見せてもらうとおじ様は
ある大企業の部長さんだった
 
その時はわからなかったが
すぐにそのすごさがわかった
 
私たちなんかが面接すら受けられない会社
その会社の一番の部署
湾岸部の部長さんだった
 
夏休みが終わった後、先生に聞いたら
そんなすごい人に助けてもらったのか
お礼はきちんとするようにと言われた
 
普段なら飛行機で大阪まで行くところを
どうしても大阪にいかなくてはいけなくて
やっとの思いで南風4号の切符を手にいれたと
言ってたことを思い出した
 
私の記憶は実はここまでしかなかった
 
あまりのインパクトで旅行の思い出は
ここで切れていた
 
しかし、ある件でCと話をしているとき
思い出話に花が咲き
面白いことに
Cはここから後のことをすごく覚えていた
 
二人で1つの思い出である
 
それを聞いてぶわぁーと記憶が甦った
 
Yちゃんはどうなのだろう
 
今思えばYちゃんは昔から
影で支えてくれるタイプ
いつも、私とCの後を歩いてきて
後ろから見守ってくれていた。
だから、迷子になったことがない
いつも完璧で安心できて
スムーズにことが運ぶのは
Yちゃんの影の努力の賜物だった
 
そのスタンスを貫き、今大ブレイクの
Y.Yのマネージャーをしている。
独立して8年、
社長兼マネージャーでがんばってきた
 
適材適所である。
 
 
花博の話はまた今度
 
 
 
広告まっぷる 大阪 ベストスポット ガイドブック (マップルマガジン)

 

 

 

まっぷる 大阪 ベストスポット ガイドブック (マップルマガジン)