読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はなまる天使の体験記

現役看護師の日常

私が占いを信じていた頃

私のこと

 

私は高校生の頃、

初めて対面式の占いを体験した
確か、1000円だった。
 
私は当時
地元でも有名、全国的にもスポーツ(特に野球)で
有名な商業高校に通っていた。
私はそこの水泳部。
その初占いの時もそこの制服を着ていた
それもあってか、占い師の人は
どんどん私のことを言い当てた。
私はすっかりその占い師を信じてしまった
今考えると
当たり前のことを言っていたのかもしれない
しかし、そのときの私は
田舎育ちで疑うことを知らず
彼女の言う
「貴女は資格を取れるだけ取りなさい。
 小さなものからなかなか取れないものまで
 それが必ず将来貴女を助けます」
この催眠にかかってしまった
 
それから、高校生活に目標ができた
 
学校で取れるだけの資格を全部取ってやろうと
 
しかし、しかしである。
私の当時の学力では
到底取れそうもないものも沢山あった
 
そこで、水泳部顧問の先生に相談した
すると、
「職員室には先生が沢山いるんだから
各教科の専門に聞け」と
確かに確かに
 
その日から毎日7時間勉強した
 
英検
全商簿記
そろばん
情報処理
商業調査
 
他にもあったけど忘れたw
 
それは大人になってからも続く
 
床上クレーン
玉かけ
アーク溶接
ガス溶接
 
さらには、
 
フラワーコーディネート
医療事務
看護師
セラピスト
 
占い師の呪縛は解けない
 
振り返ると確かに私を助けてくれた
例え、埃に埋もれてしまった資格でも
人と話すきっかけにはなる。
 
今の私からは想像できないような資格もあり、
ギャップで掴みはOK状態になる。
結果、話題に困らず私を助ける
極度の人見知りの私には目に見えない武器になった
初対面の人とスムーズに会話できる
大袈裟だと思われるけど
私にはすこぶる大事なことである。
 
私は占いを信じていた
 
血液型占い
星座占い
等々
 
丁度10年前までは
 
 
しかし、今は信じていない
 
厳密に言うと
手相占いはまだ少し信じるかも
この程度
 
なぜか?
 
それは、10年前高知から神奈川に引っ越してきて
初めに勤めた今の病院に
私と誕生日が1日違いの受付嬢がいる
 
血液型も同じ
 
その受付嬢と私はきっと
同じ内容の占いを見て
日々を過ごしてきたに違いない
 
なのに、なのにである。
 
全く違う環境
 
え?
 
 
受付嬢はいまだに独身彼氏なし
私はバツイチ子持ち結婚はしていないが
11年同棲しているG氏がいる
 
趣味も性格も何もかもが私とは違う
 
それを知ったとき
 
「占いなんか当てにならないな」
 
そう確信したのでした(笑)
 
 
占いなんか信じないぞと、言いながら
 
手相はね
人それぞれだからね
まぁ、信じてもいいかな?(笑)
 
 
 
 
 
 
 
後日談
 
その受付嬢にこの事を話す機会があった
すると彼女は
「住所はほぼ同じだし、独身だし、勤務先同じ
 髪も長いし、体型もほぼ同じ
 端からみればほぼ同じじゃない?」
 
 
おおおおおお!
 
もしかしたら
もっと同じような人がいるかもしれない
誕生日同じで同じ血液型の人は
案外同じような環境で同じようなことをしながら
近くで生活し、すれ違っているのかも

逆に同じ占いを見て生活してたから
同じような人生になるのかな?
だとしたら
 
なんか、面白い
 
 
占いってすごいな(*´∀`)
 
横浜の中華街の本格占いでも行ってこようかなw
 
 

 

マンガ おもしろいほどよく当たる!  12星座あるある

マンガ おもしろいほどよく当たる! 12星座あるある

 
呪いが解けちゃう! すごい「お清め」プレミアム

呪いが解けちゃう! すごい「お清め」プレミアム